おやすみ前の5分で知りたいアレコレ

寝る前のスマホタイムで知りたい情報をつらつら綴るブログです♪

風邪の時代とは、いつから変わる?仕事は?双子座はどうなっていくのか?

スポンサーリンク

スポンサーリンク

f:id:pegasass123:20210211101121j:plain

最近よく耳にする「風の時代」というワード。新しい時代がやってくるのはなんとなーくわかっているけど、一体いつから始まるの?と気になっている方も多いようです。私も気になって色々調べてみましたが、知れば知るほど奥が深い(笑)今回はそんな気になる風の時代について分かりやすくサクッと解説してみたいと思います!

 

 

風邪の時代はいつから始まる?起源なども簡単に解説します。

f:id:pegasass123:20210121235901j:plain

実は風の時代はもう始まっていて、2020年12月20日に水瓶座でのグレートコンジャンクション(木星と土星が同じ位置で重なる現象)をきっかけに、いろいろなものが少しずつ動いているんです。というのも、ある日急にスパッと風の時代に切り替わるわけではなく、ゆっくりと変化し、やがて大きな流れになっていくそうです。そりゃそうですよね、急に変わってもみんな戸惑いますもんね^^;

少し専門的な話になりますが、2020年12月20日に木星と土星がみずがめ座のエリアに入り、2023年3月にはそこに冥王星も入ってきます。2020年に始まった混乱が2023年に落ち着くと言われているのはこの冥王星の動きが関係しているんですね。そういった流れを何度か繰り返して、2024年11月には完全に移動し、本格的な風の時代が始まると言われています。ざっくり言うと、「この数年は混乱がいろいろあるけど、4年かけて変わっていくよ。」という話でしょうね(笑)なんにせよ変化の時代に突入しているということは間違いないようです。

 

風邪の時代とは?今までとの違いって?

f:id:pegasass123:20210211101118j:plain

そもそも風の時代とはどんな時代なのか、そして今までと一体何が違うのか気になりますよね。風の時代では情報や知識など形のないもの、伝達や教育などが重視され、人々は何より「知る」ことを求めていくようになると言われています。そして、風のように自由奔放で、固定概念にとらわれない考え方が鍵となってきます。今までの「物を資産」と呼ぶ時代から、「知識を資産」と呼ぶ時代が到来するのかもしれませんね。

“自由を楽しむ時代”と言われてイメージするのは、テレワークなどによる住む場所、働く場所に縛られないワーケ―ション、地方移住なども1つかもしれません。ひとつの物、ひとつの場所、ひとつの価値観などに束縛されない会社や地域という“箱”や“枠”を取り払い、これまでよりもっと自由に動けるのが「風」の時代です。今後ますます新しい働き方や生き方が確立されて、想像も出来ないような未来が待っているのかもしれませんね!

 

風邪の時代に仕事はどうなっていく?

f:id:pegasass123:20210211101137j:plain

これまでの時代(地の時代)のキーワードは「物質・安定・経済・ステータス」でした。簡単にいうと、お金があれば成功者という資本主義社会で、組織の歯車の一つとなることが美徳とされた時代でしたね。対して、これからの“風の時代”のキーワードは「自由・平等・情報」です。具体的にどういうことかというと・・・

  • 個性を生かせる仕事なら、セルフブランディングで収入を得る。
  • 副業や複業ならもとの仕事にプラスして、好きなことや得意なことを踏まえた収入を!
  • 場所や時間を限定しない自由な働き方(テレワーク、ワーケーションなど)
  • 「所有」ではなく「シェア」する(サブスク、シェアオフィスなど)

確かに2020年から上記のような働き方が浸透してきていますよね。また、環境も10年前に比べ随分と整っているので、何を始めるにも困らないかもしれません。ただ、情報・知識・知恵・言葉などを使いコミュニケーションを取る時代なので、これまで以上に頭を使う時代になりそうです^^;

とはいえ、今まで生きてきた固定概念にとらわれず、やってみたいことにどんどんチャレンジしていきたいですね!そのために必要なのは、情報収集をすること横のつながりを大切にコミュニケーションを取ること、そして自分の価値観を持つことが大切なんだそうです。私の周りにも起業・複業する人が増えていて、みんな楽しそうにしています。これも「今やりたいことをやる!」ということが許されるようになり、充実している証拠かもしれませんね!

 

風邪の時代にどうなる?双子座の人は要チェック!?

f:id:pegasass123:20210211101114j:plain

ふたご座は風のエレメントの1番手とされていて狭き世界からの解放」と「新世界へと飛躍や旅の門出を意味するそうです。簡単に言うと、立ち位置や居場所を大きく変えていくということ。他の星座の人は、マインドセットが変わるとか働き方が変わるといった内面の変化や財にまつわるものであることが多いなか、ふたご座は世界観・領域を広げるリーダーになるんだそうです。持ち前のアンテナ力で風の時代において“流行る場所”を皆に伝えるガイドのような役割を果たすようです。なんだかすごく壮大なイメージ・・・^^; 双子座の方はプレッシャーですね(笑)

 

風邪の時代まとめ。

f:id:pegasass123:20210211101127j:plain

今回は風の時代についてでした。この時代は、風のエレメントの3つの星座が仕事においても牽引していくんですが、役割がそれぞれ違うそうです。ふたご座なら「ガイド」、みずがめ座なら「ロールモデル」、てんびん座なら「監督」。正直「新しい時代に入りますよ!」なんて言われてもピンっと来ませんが、確かにココ数年で今までの働き方や文化がドンドン変わっているとは感じますよね。まぁなんにせよ、大きな変化があるタイミングには大きなチャンスが転がっているものなので、良いことも悪いことも楽しくポジティブにやっていけたら良いですね!

では!