おやすみ前の5分で知りたいアレコレ

寝る前のスマホタイムで知りたい情報をつらつら綴るブログです♪

『奇跡のシンフォニー』のキャストやあらすじ、感想など。心打たれる作品に涙腺ヤバいです。

スポンサーリンク

スポンサーリンク

f:id:pegasass123:20210701010120j:plain

今回おすすめしたい映画は、2007年に公開されたアメリカ映画『奇跡のシンフォニー』です。

主役のフレディ・ハイモアが頑張っている姿がかわいくてかわいくて…作品中の音楽の効果も相まって、やさしい気持ちになるんです。ホッカイロみたいにほんわか温かい気持ちにさせてくれる『奇跡のシンフォニー』のあらすじや、キャスト、感想などぜひ参考にしてくださいね☆

 

 

『奇跡のシンフォニー』のあらすじ

『奇跡のシンフォニー』はタイトルの通り、音楽でつながっていく奇跡のようなお話に、耳も心も満たされていきます。

あらすじ

児童福祉施設で育った11歳の少年エバンは、あらゆる音がメロディに聞こえるという類まれな音感の持ち主。不思議な音に導かれて施設を抜け出した彼は、マンハッタンで出会ったストリートミュージシャンにギターの才能を見出されて演奏活動をはじめるが……。「チャーリーとチョコレート工場」の名子役フレディ・ハイモア主演によるハートフル・ドラマ。ジョナサン・リース=マイヤーズ、ロビン・ウィリアムズら実力派が脇を固める。

引用元:映画.com

辛い環境の子どもが頑張る話って、悲しい気持ちになってしまう作品も多いんですが、どちらかというと温かい気持ちにさせてくれるので、観ていて疲れない、むしろ癒される内容です。 

 

『奇跡のシンフォニー』の監督やキャストは?

f:id:pegasass123:20201229011620j:plain

『奇跡のシンフォニー』の監督やキャストは以下の通りです。

監督:カーステン・シェリダン
脚本:ニック・キャッスル ジェームズ・V・ハート

キャスト:フレディ・ハイモア
     ケリー・ラッセル
     ジョナサン・リース=マイヤーズ
     テレンス・ハワード
     ロビン・ウィリアムズ
     ウィリアム・サドラー
     レオン・トマス3世
     ジャマイア・シモーヌ・ナッシュ

映画「チャーリーとチョコレート工場」のチャーリー役としても有名な、名子役フレディ・ハイモアが主役なので間違いないですよね♪

 

『奇跡のシンフォニー』の感想(ネタバレあり)

f:id:pegasass123:20210701010124j:plain

奇跡のシンフォニーは、親と離れ離れになって児童福祉施設で暮らす小さな男の子の話ですが、不思議な音が聞こえ施設を飛び出すところから物語は始まります。
音楽を通じて様々な人と出会い、経験を重ね、周りの助けを得ながら成長していくシーンが多く見られ、この年代の成長や発達課題をしっかりと映画の内容として取り込んでいるのが監督のこだわりなのかなと思いました。

個人的には夫婦で週末にゆっくりと観たい映画です。

小さいながらも自分が信じた道を突き進む姿勢には心を打たれます。

とくに、主人公のエバンが小さいながらも自分が信じた道を突き進む姿勢、壁にぶつかっても乗り越えてく姿勢は、本当に心を打たれます。
両親もまた音楽をきっかけとし、マンハッタンへと向かい、様々な偶然が重なり歯車が回りだします。それぞれのストーリーが動き出し、どのような気持ちで生活をしてきたのか、親目線での展開もあるのでそれもまた見所のひとつだと思います。
また、クライマックスの両親と再会するシーンでは涙は必至です。
劇中の音楽もロックからクラシックまで様々な音楽が流れますが、どれも魅力的だし、最近の映画にはないような、ほっこりとする気持ちになる素敵な作品で、何度観ても飽きません。

泣ける映画というだけでなく、子を持つ親には何か感じる部分はあるので、パパママにはとくに観て欲しいなと思います。タイトル通り、まさに奇跡のシンフォニーだと思いました。 

 

『奇跡のシンフォニー』が好きな人にオススメの映画!

『奇跡のシンフォニー』が好きな人にはやはり、音楽が映画を引き立ててくれるような作品をオススメしたいです!また、音楽だけでなく怖いくらいに人間味のある、そんな作品を集めてみました。

『ボヘミアン・ラプソディ』|監督:ブライアン・シンガー、デクスターフレッチャー

『ソラニン』|監督:三木孝浩

『セッション』|監督:デイミアン・チャゼル

『仮面病棟』|監督:木村ひさし

人間の本気な姿が好きな人ならわかってくれるラインナップかなと思います♪