おやすみ前の5分で知りたいアレコレ

寝る前のスマホタイムで知りたい情報をつらつら綴るブログです♪

『旅猫リポート』の猫は本物?ナナ(トム)の声やキャスト、ロケ地などまるっとご紹介!

スポンサーリンク

スポンサーリンク

 f:id:pegasass123:20210629171833j:plain

2018年10月26に公開された『旅猫リポート』は何度見ても泣ける映画です。

それもそのはず、原作はあの「図書館戦争」や「植物図鑑」など数多くの人気作を生み出してきた有川浩先生の小説で、しかも主演は人気俳優の福士蒼汰さんときたもんだから、いい映画にきまってます(笑)

今回は猫好きにはもちろん、そうでない人にもオススメしたい映画『旅猫リポート』についてご紹介します!

 

 

『旅猫リポート』のあらすじ

『旅猫リポート』はその名の通り、猫と主人公が旅をする話ですが、ただの猫好きのための映画ではなく、猫との旅やふれあいを通して、人とのつながりや人生について考えさせられる映画です。

猫を飼ったことがある人もない人も、好きな人もそうでない人も、どちらにも刺さる部分があるんじゃないかなーと思える内容です。

あらすじ

人気作家・有川浩の同名ベストセラーを実写映画化し、心優しき青年とツンデレ猫が織りなす旅の行方を描いたロードムービー。元野良猫のナナは、交通事故に遭ったところを猫好きの青年・悟に助けられ、それ以来5年間、彼の飼い猫として幸せに暮らしてきた。ある事情からナナを手放すことになった悟は、新しい飼い主を探すため旅に出る。親友や恋人など、これまで出会った大切な人々を訪ねまわりながら、自身の人生を振り返る悟だったが……。ある秘密を抱える主人公・悟を福士蒼汰が演じ、愛猫ナナの声を高畑充希が担当。脚本には原作者の有川自らが参加し、「植物図鑑 運命の恋、ひろいました」をヒットさせた三木康一郎監督が、再び有川原作の映画でメガホンをとった。

引用元:映画.com

原作の有川浩先生が脚本に参加しているので、原作ファンでも期待を裏切らない内容になっていると思います◎

 

『旅猫リポート』の出演者(キャスト)は?

f:id:pegasass123:20201225022037j:plain

『旅猫リポート』のキャストは以下のとおりです。

  • 宮脇悟   : 福士蒼汰
  • ナナ(声) : 高畑充希
  • 杉千佳子  : 広瀬アリス
  • 杉修介   : 大野拓朗
  • 澤田幸介  : 山本涼介
  • 吉峯大吾  : 前野朋哉
  • 宮脇悟   : 田口翔大
  • 澤田幸介  : 二宮慶多
  • 五十嵐   : 中村靖日
  • 神崎    : 戸田菜穂
  • 宮脇健悟  : 橋本じゅん
  • 宮脇和子  : 木村多江
  • 澤田慶介  : 田中壮太郎
  • 澤田洋恵  : 笛木優子
  • 香島法子  : 竹内結子
  • モモ(声) : 沢城みゆき
  • 虎丸(声) : 前野智昭

 こうしてみるとかなり豪華なメンバーですね!

 

『旅猫リポート』の感想(ネタバレあり)一見よくあるロードムービーかと思ったら…。

f:id:pegasass123:20210629171830j:plain

「旅猫リポート」は控えめにいって最高です。

怪我したノラネコを拾った主人公のサトルが、猫にナナと名付け、楽しい数年を過ごすという序盤では、ほのぼのとした猫がかわいいだけの映画かな?なんて思ってしまった自分に反省。

『とある事情』でサトルがナナを飼えなくなり、新しい里親を探すためにワゴンに乗って旅に出るというロードムービー的な展開は、よくある話かと思いきや…。

ヤバい、涙が止まらない!!!すごい感動がこの映画にはありました。特に、猫を飼っている人は確実に涙が止まらなくなること必至です。
主人公のサトルを演じる福士蒼汰さんの演技もさることながら、ナナのアテレコをしている高畑充希さんの演技も見事に生意気な感じの猫を表していて、斬新で素晴らしいと思いました。

youtu.be特に好きな場面は、サトルとナナが最期の旅で一緒に行った花畑で、ナナが花に埋もれて見えなくなってしまい、サトルが必死に探しだして「一人にするなよ」とナナを抱きしめるシーンは、サトルのつらい過去を思うと感涙の涙が止まりませんでした。
ナナもサトルの本心を理解しており、サトルを優しく見守り続ける姿が健気で、猫と飼い主の付かず離れずだけど、心のどこかで繋がっている絆を描くのが本当に上手い映画です。
また、猫飼いの方なら分かる、猫あるある的な場面も見所で、ナナを演じる猫の仕草がかわいくて癒やされます。種族を超えて想い合う事の本質を描き、命の尊さを伝える素敵な映画です。定期的に観たい心に残る映画でした。

 

『旅猫リポート』の猫は本物?ナナ(トム)の声はダレ?

f:id:pegasass123:20210629171835j:plain

『旅猫リポート』を語るうえで、なくてはならない存在である主役猫「ナナ」の本名は「トム」くんという、白黒ハチワレ猫です。セルカーレックスという種類の猫で、巻き毛に丸い顔と短めの鼻が特徴です。そんなナナの声は女優の高畑充希さんが演じていて、「 ボク 」という一人称がかわいいですよね。

『旅猫リポート』の猫(ナナ)は本物!

実写化不可能ともいわれた原作をみごと演じ切ったナナ役の猫トムくん。あまりにも演技がうまいのでCGなのでは?と疑う人も多かったそうです。たしかに、ホンモノの猫にここまで演技できるの?と思うシーンがありましたよね(^^;

しかし、驚くなかれ。3カットを除くほぼ全てをナナ(トムくん)が演じているそうです。つまりあれは、全部本物の猫です!(笑)

大ヒットしていた有川浩さんの原作を読んだプロデューサーは、「動くナナが見たい」と思い、企画を立ち上げました。しかし、すぐに「ナナをどう描けばいいか」という難問にぶつかり、ナナをかわいく、魅力的に見せることができなければ実写映画化する意味がないと思い、専門家に相談し、たくさんの猫と会い、CGやアニマトロニクスも検討したそうですが、本物の猫以上に説得力のあるものはない、という結論に至りました。
そんな中、映画「猫侍」やCM“ふてニャン”を手がけるアニマルトレーナーの北村まゆみさんに出会ったことで企画が前進し、オーディションでナナを決めることになりました。1ヶ月半に渡る長期撮影となるため、猫に負担をかけないようダブルスタンバイ(同じ役を2匹の猫で演じ分ける)前提で似た顔・柄を探しやすい白猫や茶トラを中心に探していましたが、北村さんから「こんな猫もいます」と白黒ハチワレ猫(本名:トム)を紹介されました。
その表情・動きに原作者の有川浩さん、三木康一郎監督も「ナナがいる!」と全員意見が一致し、「この子なら実績もあるから1匹で大丈夫!」という北村さんの力強いお墨付きを得て、「ナナを1匹で撮る」という最難関チャレンジに挑むことになりました。
本作のナナは3カット(車にひかれた後に道路で横たわるナナ)を除いて全てトムが演じているそうですよ!

引用元:金曜ロードシネマクラブ

さすがに車にひかれて、道路に横たわるシーンは違うそうですが、それでも全編通して全て1匹の猫ちゃんというのはすごいですよね!まさに天才猫!

 

『旅猫リポート』が好きな人にオススメの映画4選!

映画『旅猫リポート』が好きな人にオススメしたい映画をご紹介します!どれもくすっと笑えたり、優しい気持ちになるけど、最後は感動する話ばかりです。

『世界の中心で、愛をさけぶ』|監督:行定 勲

『チャーリーとチョコレート工場』|監督:ティム・バートン

『ドクター・ドリトル』|監督:スティーブン・ギャガン

『ホーム・アローン』|監督:クリス・コロンバス

切ない系、可愛い系が好きな私のラインナップです。旅猫リポートが好きならあうと思いますよ☆