おやすみ前の5分で知りたいアレコレ

寝る前のスマホタイムで知りたい情報をつらつら綴るブログです♪

『僕のソルシエール』のあらすじやネタバレ!切なくてやさしい話に心がキュッとなります。

スポンサーリンク

スポンサーリンク

f:id:pegasass123:20210727161648j:plain

ドラマ化もされた人気マンガ「マリーミー!」の作者である夕希実久先生の待望の新作『僕のソルシエール』が最高すぎるんです!!!

「マリーミー!」のときにも心を大いに揺さぶられて感動しまくりでしたが、今作もゆれにゆれまくってます!(心が)こんなに切なくてやさしいお話が書けるなんて…。

そこで今回は、これから間違いなくくる!いやもう来てる?マンガ『僕のソルシエール』のあらすじやネタバレ、感想などご紹介します♪

 

 

『僕のソルシエール』の作者やあらすじ(ネタバレあり)

  • 作品タイトル:僕のソルシエール
  • 作品の作者:夕希実久

  あらすじ

主人公の上坂和飛(うえさかかずひ)は幼い頃に、祖父の家の近くにある神社で、双子の兄妹・宇佐美遥(はるか)と遼(りょう)に出会い仲良くなります。
また会う約束をして、その後も何度か神社に通いますが、結局双子の兄妹に会うことができないまま6年の月日が経ちます。
しかし、6年後に祖父の死をきっかけに引っ越してきて、また訪れた神社でようやく双子と再会します。再会した双子は相変わらず仲が良く、昔と変わっていないように見えますが、何か違和感を感じる和飛。
双子と同じ中学校に通うことになった和飛は、入学式の後に遥の家に遊びに行きます。そこで、遼の遺影が飾られた仏壇を目にして、実は遼が和飛と出会った次の日に事故で亡くなっていたこと、今見えている遼は幽霊で、遥と和飛にしか見えないという衝撃の事実を知ります。
自分にしか遼が見えないために、周りから気味悪がられてきた遥は、周りと距離を置き心を閉ざしつつあったが、和飛にも遼が見えることが嬉しいと喜びます。
幽霊となった兄、幽霊となった兄をずっと慕ってきた妹の兄妹愛と、主人公や周りの人達との関わりによって、塞いできた遥の心が少しずつ変わっていく、やさしくて切ない物語です。

 

『僕のソルシエール』の見どころは?個人的に最高だったシーン

f:id:pegasass123:20210727161645j:plain

兄が幽霊となってから塞ぎこんでしまっていた遥ですが、主人公の和飛との関わりで友達もでき、どんどん世界を広げていく姿に心が打たれます。
それをよかったなぁと思いつつ、なんとなく寂しそうでもある遼がすごく切ないです。死んでしまったらいつか忘れられちゃうのかなぁ、と考えさせられます。
遥もまた、自分の変化に気づきはじめ、『私、遼のこと怖いと思ったことなんてなかったのに。。』とつぶやくシーンが印象的です。
幽霊だし、他の人には見えないし、いつもそばにいてくれるのが嬉しかったはずなのに。いつからか、遥の周りには遼だけじゃなくなっていたのが嬉しくもあり、切ないんです。
今後、主人公の和飛と遥との恋愛模様も描かれるのか?いつか幽霊となった遼は消えてしまうのか?というのが見所です!

 

『僕のソルシエール』はこんな人にオススメ!

f:id:pegasass123:20210727161651j:plain

『僕のソルシエール』は人と人との関わりや絆などにグッとくるお話なので、ヒューマンドラマが好きな人にオススメだと思います。とくに、「葬送のフリーレン」や「かくかくしかじか」、「宇宙兄弟」が好きな人にはハマると思います。
また、同じ作者・夕希実久先生の作品「マリーミー!」もまた、人間関係の変化を描いた作品ですなのでオススメです!

「マリーミー!」はニートの女の子が国家公務員とニート保護法という法律に則って結婚する話です。それまで1人で暮らしてきたニートの女の子が、結婚生活で愛情や人の温かさを知って変わっていくその心描写が心温まります。