おやすみ前の5分で知りたいアレコレ

寝る前のスマホタイムで知りたい情報をつらつら綴るブログです♪

シールの剥がし方!紙についたベタベタはどうすればサラサラに剥がせるのか?

スポンサーリンク

スポンサーリンク

張り付いて剥がれなくなったシールに困った経験はありませんか?

私も、ステッカーを貼るのが好きなので、気に入ったものがあると所構わずペタペタと貼ってしまうクセがあります^^;

でも、シールって、貼るときよりも剥がす時に苦労してしまうのが困りものなんですよね。


そこで今回はシールの剥がし方、特に紙についてしまったベタベタをスッキリきれいに剥がす方法について解説していきます。

 



シールのベタベタを紙からきれいに取り除くには?

貼ったばかりならともかく、古いシールは丁寧に紙から剥がしているつもりでも、意外としつこく、汚れたように跡が残ってしまう事が多いです。

そんなシール痕を、サラサラで綺麗な状態に剥がす方法はいろいろありますが、家にある身近なもので剥がすこともできます。

例えば、ドライヤーなら「シールをドライヤーで温める」→「2.ゆっくりシールを剥がす」これだけの手順できれいに剥がすことができます

 

1.シールをドライヤーで温める

ドライヤーを使いシールを温めると、シールのぴったりついて離れない力(粘着力)が弱まります。

この時に温めすぎには注意です。温風を当てる時間が長いと、粘ばりついた部分が汚れたようになり、逆に剥がす事が難しくなるのです。
ここはシールの状態によりますので、時間は経験でしかわかりませんが、少し暖めてはカリカリと爪で引っ掻いて、様子を見ながらが良いです。

 

ゆっくりとシールを剥がす

シールの端を少し爪やコテなどで剥がしてみて、簡単に剥がれるようならゆっくり剥がしてしまいましょう。

この時の注意点としては、プラスチックなど熱に弱い材料にシールが貼られている時は、ドライヤーは使えないので気をつけて下さい。

ドライヤーはあくまでも紙についたシールの時に向いています




シールのベタベタを紙からきれいに取り除くには?まとめ

今回は、シールのベタベタを紙からきれいに取り除く方法についてでした。

今回は紙についた古いシールにはドライヤーをあてると良いですよ!という話でしたが、プラスティックの場合ならジッポオイルを垂らす方法や、シールはがし液なども良いです。(液体は紙だとしみてしまいます)

場面によって使いやすいものが変わってきますので、状況に応じて使い分けて下さいね^^