おやすみ前の5分で知りたいアレコレ

寝る前のスマホタイムで知りたい情報をつらつら綴るブログです♪

「フラレガール/堤翔」が面白すぎ!液状化って?wネタバレあり

スポンサーリンク

スポンサーリンク

f:id:pegasass123:20210221173301j:plain

これから間違いなく来る⁉かもしれない漫画『フラレガール』が色々とおもしろすぎるのでご紹介します!笑えてキュンキュンしたい人はぜひ参考にしてみてくださいね♪(一部ネタバレも含みますので、ご注意ください)

 

 

『フラレガール』の作者やあらすじ

 

  • 作品タイトル:フラレガール
  • 作者:堤翔(つつみかける)

  あらすじ

高校3年生の赤坂 響(あかさか ひびき)は、小学生時代に「モンロー」と言うアダ名をつけられるほどの色気の持ち主で、超絶モテモテ女子です。何度も誘われたり、話す男性は身体にしか目線が行かず、全く目を合わせてくれないなど、年相応以上の色気があります。その色気が胸焼けするという理由で彼氏にフラれてしまった響は、同じ高校の青山大地 (あおやま だいち)に俺の○○になって下さいと告白されるところから始まります。

フラレガール コミック 全8巻セット

フラレガール コミック 全8巻セット

  • 作者:堤翔
  • 発売日: 2020/11/20
  • メディア: コミック
 

 

フラレガールは青山くんと赤坂さんが、どこかぶっ飛んでる(笑)

f:id:pegasass123:20210221173732j:plain

『フラレガール』のおすすめポイントは、爽やかで明るいけど少しおバカなところがある青山くんが、猫カフェと称して公園の猫の溜まり場に赤坂さんを連れて行ったり、道路に転がって星を見たりと、あの手この手でアプローチする様が面白くも少女漫画らしくキュンと出来るところです。
コメディ色も強く、赤坂さんの事が好き過ぎて液状化する青山くん(なぜ?w)だったり、赤坂さんの実家でいい雰囲気になるも、赤坂さんの守護霊に邪魔されて気絶してしまう青山くんだったり、どこかぶっ飛んだところが散りばめられつつ、しっかりとラブコメをしているので凄いです。こんな漫画はなかなかありません!w
また、絵も繊細で綺麗なところが技術を持て余しているというか内容とのギャップがあって◎その他にも、赤坂さんの友達の豆子ちゃんや弟の艶くんなど、二人に負けず劣らず個性の強いキャラクターがたくさんいて面白い漫画ですので、ぜひ一度読んでみて下さい^^

フラレガール 1 (花とゆめコミックス)

フラレガール 1 (花とゆめコミックス)

  • 作者:堤翔
  • 発売日: 2018/08/20
  • メディア: Kindle版
 

 

笑いと胸キュン系が好きな人は『フラレガール』がオススメ!

f:id:pegasass123:20210221173250j:plain

笑いながらも胸キュンをしたい人は『フラレガール』にハマると思います!というのも、恋愛一直線というわけではなく、日常のギャグを挟みつつも、恋愛面もしっかりと描かれているからです。少女漫画では、恋愛だけをしっかり描かれた作品も多いですが、フラレガールは恋愛だけじゃなく、日常会話の面白さも詰まっています。作画もキラキラし過ぎず繊細で綺麗な作風なので、男性にもおすすめできる作品です。