おやすみ前の5分で知りたいアレコレ

寝る前のスマホタイムで知りたい情報をつらつら綴るブログです♪

『ぼくは明日、昨日のきみとデートする』のあらすじや感想。

スポンサーリンク

スポンサーリンク

f:id:pegasass123:20210714125808j:plain

今回おすすめしたい映画は『ぼくは明日、昨日のきみとデートする』です。

100万部を突破した七月隆文(ななつき たかふみ)先生の人気恋愛小説を映画化したもので、福士蒼汰さん&小松菜奈さんが主演ということもあり、「ぼく明日」なんて呼ばれて大人気でした。

2016年12月17日に公開された当時はかなりの人気でしたが、意外にもまだ観てないという人も多いのでは?これ、ただの恋愛映画だと思って敬遠してるなら損してますよー!(笑)

「ぼく明日」は真実を知ると切なくて、でも優しい気持ちになれる、ちょっと不思議な世界を味わえる作品なんです。

 

 

『ぼくは明日、昨日のきみとデートする』のあらすじ

『ぼくは明日、昨日のきみとデートする』は一見すると、さわやかな恋愛小説かとおもいきや、不思議な世界と切ない話にグッと引き込まれてしまいます。

あらすじ

七月隆文の同名ベストセラー小説を、「ストロボ・エッジ」の福士蒼汰&「バクマン。」の小松菜奈共演で実写映画化したファンタジックラブストーリー。「僕等がいた」「アオハライド」など数々の青春ラブストーリーを手がけてきた三木孝浩監督と脚本家の吉田智子が再タッグを組み、京都の風光明媚な景色を背景に20歳の男女の甘く切ない純愛を描く。美大生の高寿は、通学電車の中で見かけた女性・愛美に一目ぼれする。勇気を出して声を掛け、会う約束を取りつけようとする高寿だったが、愛美はなぜか泣き出してしまう。意気投合した高寿と愛美は付き合うことになり、幸せな日々を過ごしはじめるが、そんなある日、高寿は愛美から信じられないような秘密を明かされる。

引用元:ぼくは明日、昨日のきみとデートする : 作品情報 - 映画.com

 

『ぼくは明日、昨日のきみとデートする』の感想(ネタバレあり)

f:id:pegasass123:20210714125811j:plain

『ぼくは明日、昨日のきみとデートする』は、最初に主人公の男子学生が出会って告白し、彼女となった女性が現実の世界とは時が逆に流れるパラレルワールドの住人という設定が斬新すぎて衝撃を受けました。

主人公は彼女と過ごす間のちょっとした違和感から、その秘密を暴いていき、このような切ない現実を知ってしまうんですが、映画の中には彼女がパラレルワールドの住人であると明かす前からも、様々な伏線があり、映画一本丸々が1つの伏線になっているのも面白かったです。
主人公と彼女が一緒に過ごせる時間は時間のすれ違い上、1ヶ月しかありません。なので見ていて余計に切なくなってしまいます。
中でも私が一番心にぐっと来たシーンが、主人公の彼女と一緒に過ごすことができる最終日である30日目、つまり彼女にとっては1日目。

彼女が「これからすれ違っていくんだね」といったのに対して、主人公が僕たちはすれ違ってなんかいない、端と端を結んだ輪になって一つに繋がっているんだ。2人でひとつの命なんだ。といったシーンです。

これは主人公と彼女が5歳、つまり主人公にとっては彼女は35歳、彼女にとっては主人公が35歳のとき、お互い命の危険にさらされたときに大人のお互いが幼い主人公と彼女を危機から救ったことに由来しています。

主人公が5歳の時は池でおぼれそうになり、35歳の彼女が主人公を助けました。また、パラレルワールドから両親と現実の世界の夏祭りに旅行に来ていた際には、屋台が爆発し、近くにいた5歳の彼女を35歳の主人公が助けています。それをふまえて主人公のあのセルフを思い出すとより切なくてグッときます。

この映画の最後のエンディングの挿入歌のナにback number(バックナンバー)の「ハッピーエンド」が使われていたのも評価を上げていると私は考えています。

youtu.be

back numberの曲はなんでこんなに泣けるんでしょうね~

 

『ぼくは明日、昨日のきみとデートする』が好きな人にオススメの映画!

『ぼくは明日、昨日のきみとデートする』が好きな人には、同じ三木孝浩監督作品や、恋愛映画というくくりには収まりきらない切ないけど不思議な作品、ハラハラドキドキするようなアクションやサスペンスもオススメです!

『君の膵臓をたべたい』|監督:月川翔

『フォルトゥナの瞳』|監督:三木孝浩

『ワイルド・スピード SKY MISSION』|監督:James Wan

『ミュージアム』|監督:大友啓史

過激なタイトルが多いですが、名作揃いです♪