おやすみ前の5分で知りたいアレコレ

寝る前のスマホタイムで知りたい情報をつらつら綴るブログです♪

転生系漫画のおすすめ5選!完結済み&女性にも◎なぜかハマる転生の世界へようこそ

スポンサーリンク

スポンサーリンク

f:id:pegasass123:20210915232521j:plain

ひと昔前までは、少し変わったジャンルだった転生系漫画ですが、いまやすっかりその地位を確立するほどの人気ですよね!

それでもまだまだ転生系漫画は読んだことがない、もっと読んでみたい!という方に、今回は転生系漫画のおすすめ5選をご紹介します!

すべて完結している作品ばかりなので、大人買いの一気読みもできちゃいます☆

当サイトが独自に、転生系漫画好きに取材した結果をまとめていますので、古い名作から最近のものまで、どれもオススメです!

これから転生系を読んでいこうという方の参考になれば嬉しいです(^^)

 

 

『はるかなるレムリアより』/高階良子(たかしなりょうこ)

私が初めて転生ものを読んだ作品だったと記憶してます。

初めて見聞きする「レムリア」という名の、滅亡した国が背景というのが、幼心にすごいインパクトでした

主人公は、女王にして永遠のパワーを持つ女神さま「アムリタデヴィ」で、太陽神ラ・ムーという夫がいます。

永遠であるはずの女神が、悪の女神ガアリイによって前世でやっつけられてしまい、転生してしまうことに。

浦島太郎伝説をモチーフに、異国の神々やナーガラージャ、サンダーバードやスカラベ達を従えて、ガアリイを打ち滅ぼし地球の平和を守るお話です。

今にして思うと、転生後の主人公のお相手が、転生ものでありがちな元夫ではなく、元側近の力を引き継いだ幼馴染であったり。

敵が男神のそれではなく、女神の野心であったりは、ちょっと今でもないかもです^^;

このお話のおかげでカンボジアや道祖神に興味が持てました!

 

異世界で『黒の癒し手』って呼ばれています/原作:ふじま美耶・漫画:村上ゆいち

ある日突然、異世界トリップしてしまった神崎美鈴(22歳)が転生した先は、王子や騎士、魔獣までいるファンタジー世界でした。

ステイタス画面は見えるし、魔法も使えるしで、なんだかRPGっぽい世界。

オタクとして培ったゲームの知識を駆使して、魔法世界にちゃっかり順応したら、いつの間にか「黒の癒し手」と呼ばれるようになり大活躍しちゃいます!

さらにはこの世界を作った一番偉い魔王にまで愛されてしまうんですが、そのやり取りがなんともかわいいのです。

この世界で生きるか、元の世界に戻るのかの選択を迫られますが、やっと選択したと思ったら、今度は恋路を邪魔するやつがあらわれたりして、いい意味でハラハラしっぱなしです。

初めはなんにもできない主人公が、どんどんスキルアップして強くなり、敵を倒したり成長するのが心地よい漫画です。

ゲームっぽい感じでどんどんレベルアップするので、楽しく幸せな気持ちになれますよ!

 

『ぼくの地球を守って』/日渡早紀

異星人から現代日本(1990年代)に転生した7人の男女の複雑な人間関係と、恋愛を描いたSF漫画です。

内容は前世で起きた出来事と、今を生きる現代日本の出来事が交互に描かれています。

徐々に明かされる前世の記憶と、その出来事はそれらの関連するそれぞれの人間関係、そして恋愛も書かれています。

現代日本では前世での出来事がきっかけとなった複雑な人間関係と、恋愛が引き継がれたうえ、超能力者同士のバトルも展開され読んでいて飽きません

次第に記憶を急速に覚醒し続け、やがて真相が明かされていきますが、中でも主人公の亜梨子を慕う少年・輪が超能力で引き起こした、終盤での東京タワーの事件は見ものです。

それまでの前世での因縁とその出来事に決着つけようとするところ、その後の前世からの解放がポイントとして見られます。

定期的に読み返したくなる作品です。

 

『魔王ベルフェゴール』/横山了一(よこやまりょういち)

魔界を追放された魔王ベルフェゴールが現代世界に逃げ込み、人間世界の征服を目指してプロレスラーになる話ですが・・・プロレスというよりも、ベルフェゴールが仲間のプロレスラーや魔界の住人とドタバタするギャグ漫画です(笑)

出てくるキャラが多彩で、同僚や対戦相手のプロレスラーはもちろん、天使や魔界の住人まで人間界に現れ混沌としていますが、やってることは野球やクイズ等なのでギャップが笑いを誘います。

魔王もプロレスラーらしく(?)火を噴いたり、空を飛んだり、対戦相手を必殺技(魔界封印)で倒したりと大暴れしますが、それ以降は芸能人のように歌合戦に出場したり、ゲーム化されたりと、作者が楽しそうに描いてるのが目に浮かぶような面白さです。

小難しい話はないので、気楽に読める転生系漫画だと思います。

 

『MAR(メル)』/安西信行(あんざいのぶゆき)

メルヘン好きの少年・虎水ギンタが、【門番ピエロ】と呼ばれるARM(アーム)により、異世界・メルヘヴンへ召喚されるところから始まります。

ARMとはアクセサリー型の魔法道具で、魔力を込めると武器に変化したり、守護獣を召喚したり、自然の力が使えたり等色々なことが出来るようになります。

6年前にメルヘヴン全土へ戦いを仕掛けてきた【チェスの兵隊(コマ)】が、6年後に再び大戦を起こした為、ギンタが召喚されるという、王道の異世界転生ファンタジーです。

細かい設定に、伏線も多々あるため、どっぷりとハマってしまいました。

またアニメやテレビゲーム、カードゲーム化されるほどの人気漫画で、アニメの主題歌を歌っていたGARNET CROWの歌声がアニメにとてもあっていたのを覚えています。

続編も出たようですが、作画担当が代わり、絵のタッチが全く変わってしまった為、読んでいません。

王道系が好きな人には特におすすめなので、是非1度読んでみてください!

 

転生系漫画のおすすめ5選!(完結済み)まとめ

f:id:pegasass123:20210915232518j:plain

今回は、すでに完結している転生系漫画のおすすめ5選をご紹介しました!

転生系漫画はその世界観や自分がもしその世界に入ったら何をするか?等を考えると楽しいですよね!ココ数年でかなり人気になっているジャンルです^^

少しニッチなものから、王道の作品までありますので、面白そうなものがあったらぜひ読んでみて下さいね!