おやすみ前の5分で知りたいアレコレ

寝る前のスマホタイムで知りたい情報をつらつら綴るブログです♪

ホームとハウスの意味や違いをわかりやすく説明!これであなたも雑学キング! 笑。

スポンサーリンク

スポンサーリンク

今回は、homeとhouseの違いについてです!

一見、同じような意味に思われるこの2つの言葉ですが、調べてみると明確な違いがありました

今回はそんな、ホームとハウスの意味や違いをわかりやすく説明しますね!

 

 

ホームとハウスの意味の違いをズバっとまとめました。

ホームとハウスはどちらも「家」と訳されますが、この2つは全く違う使われ方をするので注意が必要です。

 

まずハウスですが「一戸建ての家」を表したり、物を覆う囲いを意味するなど、少し無機質的で冷たい印象を受けます。

そのため「Are you going to your house?(家に帰るの?)」と聞くと、「一戸建ての家に帰るの?」と少し違和感を覚えます。

 

アパートに住んでいる友人にこの質問をしたら「I live in an apartment.(私が住んでるのはアパートだよ)」なんて言われてしまうかもしれません。

 

それに対してホームは、具体的な建物というよりは「自分の帰る場所・拠り所」「家族」「故郷」など、待っている人の存在や受け入れてくれる場所を表します。

 

先ほどの例で比べてみると、「Are you going home?(家に帰るの?)」と聞いた方が「家族の元へ帰るの?」「実家に帰るの?」というように、日本語で聞く「家に帰るの?」に近い印象を受けます。

 

日本語で「マイホームを買う」と言いますが、マイホームは心の拠り所や家族など、自分の拠点となるものなので、買わなくてもすでに持っているのです。

 

一戸建てを買うのであれば「マイハウスを買う」が正解です。

このように同じ「家」を表す言葉でも、使い方には注意が必要です。

 

ホーム(Home)とハウス(House) 違いは?20秒でわかるようにまとめ

ホーム(Home)とハウス(House)、どちらも『家』を表す英語ですが、そこには明確な違いがあります。

それは、「そこに愛があるのか?ないのか?」です(笑)

 

「ただいま」を英語で「I’m home」という様に、ホーム(Home)には帰る場所、我が家など、家で生活している自分や家族を含んだ意味があります

 

もっと広い意味で、故郷や地元など、自分の生まれた土地や生活している地域を指すこともあります。スポーツの試合で、チームの本拠地を(Home)、敵地を(Away)と呼ぶのもこの為です。

 

一方、ハウス(House)は、家という【建物自体】を表します

その建物に住人が居るか居ないかは関係なく、たとえ空き家でも、その家はハウス(House)になります。

 

しかも、一戸建てに限定されていて、アパートやマンションはハウス(House)ではなく、どちらも「Apartment」になります。

 

ちなみに、マンションは日本独自の物で、英語でMansion はお屋敷、館など豪邸の意味になるので注意が必要です。

 

いかがでしょうか?

ハウス(House)にはない、温かみや居心地の良さがホーム(Home)には感じられるのではないでしょうか?


ですから、ホーム(Home)とハウス(House)の違いは「そこに愛( I )があるのか?ないのか?」です。

 

ホームとハウスの意味や違いをわかりやすく説明!まとめ

今回はホームとハウスの意味や違いについてでした。

 

何となく同じ様に思われている2つの言葉でも、分析してみると大きな違いがあるものですね!

機会があったらぜひドヤ顔で披露してみてください(笑)