おやすみ前の5分で知りたいアレコレ

寝る前のスマホタイムで知りたい情報をつらつら綴るブログです♪

メダカの飼い方!水替えや餌やりのポイントは?2022年版!

スポンサーリンク

スポンサーリンク

今回はメダカの飼い方についてのお話です。

 

メダカ飼育の基本となる
水替えや餌やりのポイントについて
しっかり掘り下げてまとめました!

 

 

 

【メダカの飼い方】水替えは必要?頻度や失敗しない水替え方法!

メダカは水替えが必要です。
その理由は、メダカにとって水は必ず必要なもので
体調を大きく左右します。

 

大切なメダカに長生きしてもらうために
正しく水替えを行いましょう!

 

水替えの頻度は
水の量やメダカの数や季節によって異なりますが
毎日替える必要はありません

 

基本的には水が汚くなる前に行うと良いのですが
わからない場合の目安として、週1~2回程度
1/3の量を目安に交換するとよいでしょう。

 


メダカの水槽の水替えをしないとどうなってしまう?注意点は?

水槽の水は長い間水替えをしないと悪化してしまい
仮にそんな状態で一気に大量の水を替えると
水質が急変して「pHショック」を起こしてしまうこともあります。

 

これはメダカにとって
環境の変化によるストレスが大きいため絶対にやめましょう

 

それから「温度ショック」をなくすために
新しく入れる水と、飼育水の水温合わせをし温度差をなくすこと

 

水道水にはメダカの健康を害してしまう可能性がある
有害な塩素(カルキ)が含まれているので
市販されているカルキ抜きを使用したり
日の当たる場所に1~2日汲み置きしておくなどしましょう。

 

水替えは行えばいいというわけではなく
メダカが健康でいられるように
正しい知識をもって行うようにしましょう。

 


【メダカの飼い方】餌やりは1日何回?与える量は?あげるときの注意点も!

メダカの餌やりは1日2回、午前と午後に1回ずつがおすすめです。

この理由は、水温が上がっていない早朝や
日が落ちて暗くなってくるとメダカの活性が落ちるため
あまり餌を食べなくなってしまうので
水温が十分に上がってから餌を与えましょう。

 

尚、屋外飼育の場合は
冬は水温が下がりメダカが冬眠に近い状態のなるので
餌を与える必要はありません

 

しかしこれはあくまでも目安なので
メダカの数や活性、季節により
餌を与える量が変わるので
普段から観察しながら回数を調整してください。

 

餌を与える量は2~3分で食べきれる量が良いでしょう。

 


メダカの餌やり!注意点やポイントは?

メダカには胃がない(無胃魚)ので
食いだめをすることができません。

そのため餌を与えすぎると消化不良になってしまいます

 

それ以外にも食べ残しやフンが増えるので
急激な水質の悪化をまねくことにもなります。


しかし少なすぎると貧弱に育ってしまい
病気にかかりやすくなってしまうため
日々の食べるスピードを観察しながら
少しずつ餌の量を調節してあげると良いでしょう。

 

与える量を決めておくことで
体調不良など、ちょっとした変化にも気づくこともできます。

 

メダカにとって餌はとても大事です。
メダカが元気に育つように管理してあげましょう。

 


メダカの飼い方!水替えや餌やりのポイントまとめ

今回は、メダカの飼い方!水替えや餌やりのポイントについてでした。

 

ポイントをまとめますと
水替えの目安は週に1回から2回
水の三分の一程度をカルキ抜きの水
もしくは日光に1日から2日晒した水を使う。

 

餌は室内で飼う場合なら
1日2回程度、2~3分で食べ切れる量
野外飼育で冬の冬眠状態の時には餌の必要はない、ということでした。

 

メダカは比較的、飼育に手が掛かりませんが
必要最低限の知識をもって大切に育てたいですね^^